夏のチームA

Aチームは優秀なチーム

彼らの選抜には特異なものでした。選抜されるべく優秀で容姿端麗な子供達を集めた、未来で未来で生き残った人間たちを統率する存在として、あらかじめリーダーとなる知識や技術をたたき込まれたエリート集団だったのです。

 

養成学校出身の彼らたちは個人個人の技量からとてつもなく高く、また個々に得意な、秀でた分野の能力を有しています。

 

養成所の最終選抜テストはお互い養成学校に通う者同士の命をかけたテストでした。テストから脱落したものは未来に行けないだけではなく、命を落としてしまうことになりました。

 

あまりにもショックな出来事を経験し、選抜されたメンバー達は未来へ行くことを強く拒否します。

 

解凍された後、未来後でも彼らは心に深く傷を追ったまま地球を放浪します。

 

未来で出会う他チームのチームメイトと心を通わすことで、本人たちが決して気づいていないうちに、他人を信じ、他人を生かすためにどんな行動をすれば良いのかなどを考え始めます。