人によって態度が違う涼

涼は夏のAに所属しており、リーダー安居のサポートと面倒を見ている存在です。

 

花たちと接触した時には、安居の感情をかき乱すとことを理由にやハルを殺そうとします。なぜそこまでして安居に執着するかは未だわかりません。

 

花暗殺の不祥事により、追放されてしまう安居と涼は2人きりで旅を続けます。夏のBと出会い、行動を共にするも、計画性の全くない不可解なBチームに苛立ちをも覚えながらも、要請学校時代に学んだことに意味があるのかと自問自答します。

 

落ちこぼれの夏のBチームと過ごすことで、ルールのない未来で自分の意思で選択し行動することの意味や、その判断をするために長年要請学校で知識を学んだことを理解します。

 

最終選抜テストのトラウマを夏のBチームのあたたかさと根拠のない前向きさに感化されながら、少しずつ解放し、人間らしい人間へと少しずつ成長します。